┐    法  を  な  が  ら  下  を     る  際  る  ゐ  基  い  明  こ        第    
   逆  國  の  委  確  國   ` の  定  憲  こ  政  日  る  本   ゜ ら  ぶ  憲     一    
   モ  家  最  任  た  家   ┐ 日  義  法  と  治  本   ゜ 法  又  か  る  法     問    
   亦  の  大  す  る  の  逆  本  し  は  は  と  は  占  を   ` に  巖  に     題    
   眞  基  の  る  國  投  モ  を  て  國  周  國   ` 領  憲  西  後  格  は     提    
   ナ  本  問  形  家  影  亦  見   ` 家  知  内  舊  下  法  ド  者  な  改     起    
   リ  法  題  で  像  で  眞  る  法  の  の  政  敗  に  と  イ  に  硬  正      ┐   
  └   が  が  成  を  あ  ナ  限  體  基  通  治  戰  制  見  ツ  屬  性  手     天    
   は  眞  ひ  立  背  る  リ  り  系  本  り  の  國  定  做  は  す  憲  續     皇    
   成  に  そ  し  後  か └    ` の  法  で  雙  中  さ  さ   ` る  法  の     に    
   り  内  ん  て  に   ` は  正  投  で  あ  方  で  れ  ず  第   ゜ と  簡     つ    
   立  發  で  ゐ  持  と  成  に  影  あ  る  の  も  た   ` 二  英  が  易     い    
   つ  的  ゐ  る  た  い  立  そ  で  る   ゜ 要  特  憲  占  次  國  あ  な     て    
   筈  な  る  か  ず  ふ  し  の  あ  か     因  殊  法  領  大  の  る  軟    └     
   で  も   ゜ ら   ` の  な  通  る  ら     が  例  が  終  戰  如  が  性          
   あ  の     で  國  に  い  り  と   `    複  で  そ  了  後  き   ` 憲          
   り  で     あ  際   `  ゜ で  云  法     雜  あ  の  後  聯  は  現  法          
    ` あ     る  聯  新  憲  あ  ふ  學     に  り  ま  自  合  成  在  と          
   法  る      ゜ 合  憲  法  る   ゜ 者     か   ` ま  ら  軍  文  の   `         
   體  な     こ  憲  法  の   ゜ 現  は     ら  こ  維  修  占  憲  日  そ          
   系  ら     こ  章  は  法  し  實  逆     み  れ  持  正  領  法  本  の          
   の  ば     に  に  そ  理  か  の  に     合  に  さ  制  下  を  國  手          
   投   `    現  す  の  念  し  新   `    つ  は  れ  定  の  有  憲  續          
   影  こ     行  べ  や  體  な  憲  國     て   ` て  し  占  し  法  の          
   と  の     憲  て  う  系  が  法  家     ゐ  國  ゐ  て  領  な  は  す          
                                                                    

 
   さ  理  は  な  が  上  け     は  に  だ  日  し  で  の  れ  と  た  る  出  し    
   せ  由  合  つ  又  に  ら  國  ば  與  や  本  か  あ   ` た  西  公  ほ  し  て    
    ` で  せ  て  逆  乘  れ  際  あ  へ  う  語  る  つ  當  そ  歐  法  ど   ` の    
   こ   ` て  ゐ  に  ら  た  政  と  ら  な  と  に  た  時  の  の  私  繼  合  國    
   れ  左  一  る   ` ざ  こ  治  か  れ  文  し  敗   ゜ に  憲  對  法  受  せ  家    
   を  派  セ   ゜ 今  る  の  の  ら   ` 字  て  戰  自  お  法  立  も  法  鏡  は    
   逆  の  ッ  あ  日  を  憲  力  内  教  ど  も  直  然  け  は  融  繼  で  の   `   
   手  護  ト  り  ま  え  法  關  發  育  ほ  つ  後  法  る   ` 合  受  は  や  同    
   に  憲  に  て  で  ぬ  は  係  性  に  り  と  忽  學  能  し  と  法  あ  う  時    
   取  勢  な  い  憲  曲   ` に  の  よ  の  も  卒  と  う  か  い  で  つ  に  に    
   つ  力  る  に  法  藝  は  よ  擬  つ  繼  醜  に  歴  限  し  ふ  は  た  作  國    
   た  の  や  言  を  的  じ  つ  制  て  受  惡  作  史  り   ` 最  あ   ゜ 用  家    
   現  抵  う  つ  生  性  め  て  を  新  法  な  ら  法  の  民  大  つ  そ  す  の    
   政  抗  に  て  き  格  か   ` 作  世  と  文  れ  學  調  族  の  た  の  る  投    
   府  が  仕   ` 永  を  ら  き  ら  代  し  體  た  と  和  的  テ   ゜ 明  筈  影    
   の  憲  組  現  ら  與  そ  は  れ  に  て  を  現  の  を  傳  |  明  治  で  と    
    ` 法  ま  憲  へ  へ  の  め  た  滲   ` 持  憲  日  成  統  マ  治  憲  あ  し    
   護  改  れ  法  さ  ら  國  て  の  透  何  ち  法  本  就  と  の  維  法  る  て    
   憲  正  て  と  せ  れ  際  政  で  す  ら   ` は  的  さ  西  解  新  下   ゜ の    
   宣  の  を  日  て  て  政  治  あ  る  の  木  直  綜  せ  歐  決  に  に  明  法    
   言  機  り  米  き  を  治  的  る  や  内  に  譯  合  た  の  と  お  制  治  體    
   と  運   ` 安  た  り  の  に   ゜ う  發  竹  ま  で  藝  法  し  け  定  憲  系    
   な  を  又  保  要   ` 力  押     に  性  を  が  あ  術  傳  て  る  せ  法  を    
   つ  挫  同  條  因  そ  學  し      ` な  繼  い  つ  作  統  作  日  ら  も  生    
   て  折  じ  約  に  れ  の  つ     い  し  い  の  た  品  と  ら  本  れ  な  み    
                                        `  ゜                        

 
      強  論  半     な  に     裝  對  祉  て  の  憲  べ  贊  反  を  方  れ  現    
   一  め  理  恒  一  い  つ  一  中  と  價  漸  は  法  き  成  對  衝  の  た  は    
   は  つ  に  久  は   ゜ い  九  立   ┐ 値  く  至  護  で  が  が  い  平  二  れ    
    ` つ  自  政   `    て  七  の  人  の  氣  當  持  あ  福  自  た  和  つ  た    
   こ  あ  己  權  自     根  〇  護  民  綫  付  で └   る  祉  立  永  憲  の  の    
   の  る  を  と  立     本  年  憲  軍  を  か  あ  と  の  價  價  井  法  も  で    
   半  と  閉  し  の     的  と  勢 └   強  れ  る  い  に  値  値  陽  に  の  あ    
   永  い  ぢ  て  論     思  い  力  思  く   `  ゜ つ   ` 中  中  之  は  の  つ    
   久  ふ  込  の  理     索  ふ  は  想  打  自  し  た  そ  心  心  助  贊  う  た    
   政  状  め  自  が     を  こ  挾  の  出  民  か  具  れ  の  の  氏  成  ち   ゜   
   權  況  つ  民  左     め  の  撃  萌  し  黨  し  合  が  論  論  が  し   ` 左    
   下  下  つ  黨  派     ぐ  時  に  芽  一  は  こ  に  現  理  理   ` て  一  派    
   に  に   ` は  に     ら  點  會  が  方   ` の  紛  實  と  と  本  き  方  は    
   お  あ  物   ` よ     さ  に  つ  結   ` 安  矛  糾  の  し  し  來  た  の  等    
   け  る  理  ま  つ     ね  お  て  び  左  保  盾  し  主  て  て  な   ゜ 安  し    
   る  か  力  す  て     ば  い  衰  つ  派  贊  は  て  張  そ   ` ら  こ  保  く    
   憲  ら  と  ま  追     な  て  微  き  の  成  一  ゐ  で  れ  安  安  の  條  ア    
   法  で  し  す  求     ら   ` し  つ  一  平  九  る  は  ぞ  保  保  態  約  メ    
   が  あ  て  福  さ     ぬ  わ  つ  つ  部  和  七   `  ` れ  贊  反  度  に  リ    
   次  る  の  祉  れ     理  れ  つ  あ  で  憲  〇  と   ┐ 一  成  對  の  は  カ    
   第   ゜ 國  價  て     由  わ  あ  つ  は  法  年  論  安  貫  ・  ・  論  反  か    
   に     家  値  ゐ     は  れ  る  て   ` 護  に  じ  保  し  平  平  理  對  ら    
   政     權  中  る     他  が   ゜  ` 安  持  ゐ  て  反  て  和  和  的  し  與    
   體     力  心  一     で  改     非  保  の  た  ゐ  對  ゐ  憲  憲  矛   ` へ    
   と     を  の  方     も  憲     武  反  福  つ  る  ・  る  法  法  盾  一  ら    
                `                                                   

 
   仕  つ  の     し  相  考  ま  民  目  の  政  し     は  た     つ  ○  國  國    
   組  國  國  け  て  互  の  で  主  的  手  體   ` 國  ね  る  こ  あ  ○  體  體    
   ま  民  體  だ  ゐ  の  基  政  主  追  段  は  政  體  ば  辨  の  る  ∧  と  と    
   れ  の   ` し  な  投  本  體  義  求  と   ` 權  は  な  別  こ  か  注  い  の    
   て  忠  二   ` い  影  的  以  と  の  し  こ  交  日  ら  を  と  ら   ` ふ  癒    
   ゐ  誠  つ  國  こ  を  な  上  は  手  て  の  替  本  な  定  は  で  こ  方  着    
   る  對  の  體  と  完  立  の   ` 段  國  國  に  民  い  立   ` あ  の  向  混    
   か  象  忠  の  は  壁  場  も  繼  で  民  體  左  族   ゜ し  現  る  箇  へ  淆    
   ら  を  誠  語  前  に  で  の  受  あ  に  維  右  ・     て  憲   ゜ 所  世  を    
   で  こ  對  を  述  し  あ  を  さ  つ  よ  持  さ  日     ゐ  法     缺  論  強    
   あ  の  象  廣  の  た  る  意  れ  て  つ  と  れ  本     な  自     損  を  め    
   る  二  を  義  通  が   ゜ 味  た   ` て  い  な  文     い  體     に  操   `   
    ゜ 種   ` に  り   ` 舊  し  外  そ  選  ふ  い  化     こ  が     つ  作  現    
   國  の  分  解  で  現  憲  な  國  れ  ば  國  恒  の     と   `    き  し  體    
   體  國  裂  釋  あ  憲  法  い  の  自  れ  家  久  ア     か  政     空  か  制    
   は  體  さ  す  る  法  は   ゜ 政  體  る  目  性  イ     ら  體     白  つ  と    
   本  へ  せ  れ   ゜ は  國  こ  治   ` が  的  を  デ     起  と     ∨  大  し    
   來  分  て  ば      ` 體  れ  制  自   ` ・  そ  ン     る  國     の  衆  て    
    ` 裂  持   `    こ  と  が  度  己  政  民  の  テ     必  體     方  社  の    
   歴  さ  つ  現     れ  法  わ  で  目  體  族  本  ィ     然  に     向  會  政    
   史  せ  て  憲     を  體  れ  あ  的  自  目  質  テ     的  つ     を  の  體    
   ・  る  を  法     明  系  わ  り  で  體  的  と  ィ     結  い     是  發  イ    
   傳  や  り  は     ら  の  れ   ` は  は  に  す  を     果  て     認  逹  コ    
   統  う   ` 二     か  間  の  あ  な  國  最  る  意     と  の     し  が  |    
   ・  に  且  種     に  の  思  く  い  家  適   ゜ 味     言  確     つ   ` ル    
                               ゜                                    

 
   育     し  を  假  に  理     外  ぶ  ト  章  つ  ら  と  理  し  い  け  經  文    
   に  し  た  正  面  お  想  第  に  こ  ラ  と  つ  く  に  想  た   ゜ る  驗  化    
   異  か  左  當  を  い  主  九  は  と  ス  の  ∨  國  現  主  願  革  國  の  の    
   を  し  翼  化  か  て  義  條  あ  が  ト   ` 竝  論  行  義  望  命  體  集  時    
   樹  そ  革  し  ぶ   ` と  に  る  で  で  戰  記  分  憲  を  努  政  と  積  間    
   て  れ  命   ` つ  正   ` つ  ま  き  あ  後  し  裂  法  そ  力  權  は  の  的    
   ま  は  勢  一  た  に  左  い  い  る  る  の  て  に  は  の   ` に   ` 上  聯    
   い  あ  力  方  米  同  派  て   ゜ の   ゜ 思  ゐ  よ   ` 本  國  お  い  に  續    
   と  く  の  で  國  一  の  は     は  こ  想  る  る  こ  質  家  け  ふ  成  性    
   す  ま  抵  は  の  の  戰  あ      ` の  的  の  日  の  と  超  る  ま  立  に    
   る  で  抗  非  ア  條  術  と     正  や  對  で  本  相  す  越  國  で  す  準    
   日  戰  の  武  ジ  項  的  で     に  う  立  あ  弱  反  る  の  體  も  る  據    
   本  略  基  裝  ア  が  非  詳     世  な  の  る  體  す  で  契  は  な  も  し    
   的  的  盤  平  軍   ` 戰  述     界  論  根   ゜ 化  る  あ  機  未  く  の  國    
   右  戰  を  和  事  一  論  す     に  理  本  こ  と  二  ら  を  來   ` で  民    
   顧  術  な  主  戰  方  と  る     日  的  要  れ  い  種  う  内  理  こ  あ  の    
   左  的  し  義  略  で  が  が     本  矛  因  が  ふ  の   ゜ に  想  の  る  永    
   べ  見  た  の  體  は  癒   `    人  盾  を  憲  政  國  と  祕  社  や  が  い    
   ん  方  の  假  制  國  着  國     の  を  な  法  治  體  こ  め  會  う   ` 生    
   と  で  で  面  へ  際  し  際     天  平  す  第  的  概  ろ  た  に  な  革  活    
   原  あ  あ  の  の  聯  た  聯     才  然  異  一  企  念  が  世  對  も  命  經    
   爆  つ  つ  下  組  合  こ  合     を  と  常  章  圖  を  竒  界  す  の  政  驗    
   被  て  た  に  み  主  の  憲     措  酎  な  と  を  ∧  妙  革  る  で  權  と    
   爆   `  ゜ 滲  入  義  九  章     い  へ  コ  第  含  お  な  命  一  は  に  文    
   國  教     透  れ  の  條  の     て  忍  ン  二  み  そ  こ  の  致  な  お  化    
                                                                    

 
   何  オ  族  的     の  と  の     て  め  て  一  お  對     し  の  し  基  民    
   よ  シ  性  目  そ  最  盛  別  し   ` た  ゐ  章  い  立  第  て  エ  て  盤  と    
   り  ョ  の  立  の  大  衰  を  か  新  ま  る  の  て  せ  二  の  モ  成  に  し    
   も  ナ  理  の  た  の  を  立  し  ら  ま  自  國  融  ぬ  章  權  オ  熟  支  て    
   緊  ル  念  見  め  要  常  て  な  し  こ  民  體  合  や  の  威  シ  し  へ  の    
   要  な  と  地  に  請  と   ` が  い  れ  黨  の  せ  う  國  を  ョ  た  ら  心    
   で  國  似  か  は  て  す  國  ら  國  を  政  腐  し  に  體  次  ナ  半  れ  情    
   あ  民  而  ら   ` な  る  に   ` 體  政  府  食  め   ┐ と  第  ル  面  て  と    
   る  の  非  融  憲  け  政  と  國  に  體  は  は  ら  平  第  次  な   `  `  `   
    ゜ 目  國  和  法  れ  體  つ  體  代  に   ` 進  れ  和  一  第  支  第  第  そ    
      前  際  す  上  ば  と  て  と  え  癒  二  行  て  を  章  に  持  一  九  の    
      に  主  ベ   ` な  の  犯  政  や  着  種  し  ゐ  も  の  失  に  章  條  他    
       ` 義  か  第  ら  癒  す  體  う  さ  の   ` る  た  國  ひ  の  の  が  さ    
      は  の  ら  一  な  着  べ  の  と  せ  國  こ  が  ら  體  つ  み   ┐ 新  ま    
      つ  理  ざ  章  い  を  か  別  し   ` 體  の   ` し  と  つ  支  天  ら  ざ    
      き  念  る  と   ゜ 剥  ら  を  て  政  を  腐  第  た  は  あ  へ  皇  し  ま    
      り  と  も  第     離  ざ  明  ゐ  體  あ  食  二  天   ` る  ら └   い  な    
      露  の  の  二     す  る  ら  る  の  い  を  章  皇  し  の  れ  の  日  エ    
      呈  對  で  章     る  恆  か  の  強  ま  賢  の └   か  が  て  各  本  モ    
      さ  立  あ  と     こ  久  に  で  化  い  明  國  の  し  現   ` 條  の  オ    
      れ  矛  り  が     と  不  し  あ  維  に  に  體  イ  現  状   ┐ は   ┐ シ    
      る  盾   ` 到     こ  變   ` る  持  融  も  に  メ  象  で  國   ` 國  ョ    
      こ  が  こ  底     そ  の  本   ゜ を  合  洞  よ  |  的  あ  體  舊  體  ナ    
      と  エ  の  民      ` 本  と     も  せ  察  る  ジ  に  る └   世 └   ル    
      が  モ  民  族     國  質  末     つ  し  し  第  に  は   ゜ と  代  と  な    
                                                                    

 
   へ  誠  こ     衰     ス  り  正  つ  の  民  消  一  文  の  九  そ  義  の       
   て  の  の  天  微  さ  の   ` に  て  目  族  す  章  化  好  條  の  と  宣  こ    
   き  對  風  皇  し  て  上  第  手   ` 立  目  る   ` は  餌  だ  反  の  戰  の    
   た  象  除  制  た   ` に  一  を  第  の  的  こ  第   ` と  け  對   ` 布  こ    
    ゜ 視  け  は  か  何  あ  章  つ  一  平  ∧  と  二  さ  な  が  で  對  告  と    
   古  さ  は  戰  ?  故  る  改  け  章  和  第  に  章  ら  り  改  あ  立  を  は    
   き  れ  い  後  そ  に  こ  正  る  の  主  一  よ  の  に   ` 正  る  矛  す  グ    
   ノ  る  つ  小  れ  第  と  と  こ  國  義  章  つ  對  危  自  さ   ゜ 盾  る  ロ    
   ス  こ  し  泉  は  一  を  第  と  體  を  ∨  て  立  殆  立  れ  も  を  天  テ    
   タ  と  か  信  あ  章  忘  二  は  明   ` に   ` 矛  に  は  る  し  明  皇  ス    
   ル  を  天  三  く  の  れ  章   ` 示  は  限  日  盾  瀕  さ  な  現  示  と  ク    
   ジ  避  皇  的  ま   ┐ て  改  國  の  じ  局  本  に  す  ら  ら  憲  せ   ` な    
   ッ  け  制  リ  で  國  は  正  家  改  め  さ  の  目  る  に  ば  法  よ  絶  誇    
   ク  や  の  ベ  教  體  な  は  百  正  て  せ  國  を  で  失   ` の  と  對  張    
   な  う  體  ラ  育 └   ら   ` 年  な  追  や  防  向  あ  は  日  部  い  非  を    
   忠  と  質  リ  と  は  な  あ  の  し  求  う  上  け  ら  れ  本  分  ふ  武  敢    
   誠  い  に  ズ  政  國  い  く  大  に  し  と  の   ` う   ` は  的  の  裝  て    
   は  ふ  な  ム  策  の   ゜ ま  計   ` 得  努  權  こ   ゜ 日  樂  改  で  平  す    
    ` 一  つ  の  の  忠     で  を  第  る  め  利  の  わ  本  々  正  は  和  れ    
   天  念  て  下  結  誠     相  誤  二  の   ` ∧  對  れ  の  と  に  な  の  ば    
   皇  で   ` に  果  對     互  る  章  で  そ  第  立  わ  歴  米  よ  い  國   `   
   に  生  國  風  で  象     の  も  の  あ  の  二  矛  れ  史  軍  つ   ゜ 際  侵    
   對  き  民  を  あ  と     バ  の  み  る  上  章  盾  は   ` 事  て  む  協  略    
   す  永  の  除  る  し     ラ  で  の   ゜ で  ∨  を   ` 傳  體   ` し  調  戰    
   る  ら  忠  け   ゜ て     ン  あ  改  從  眞  を  解  第  統  制  第  ろ  主  爭    
             `                          `        `                  

 
   た  て  べ  も  本     る  ゐ  自  た  け  な  拒  裝   ┐ で  の  自  と  忠  個    
   め  ゐ  て  第  の  も  こ  る  身  つ  入  ら  絶  置  忠  あ  な  然  し  誠  人    
  └   る  ゐ  二   ┐ し  と  の  の  た  れ  な  す  も  誠  り  ら  で  て  の  的    
   と  と  る  章  國  か  は  で  御  の  て  い  る  隱 └    `  ` あ  ゐ  意  な    
   い  假   ゜ は └   り  明  は  意  も  く  か  こ  密  だ  こ  戰  る  る  慾  信    
   ふ  定  第  明  と  に  ら  な  向  無  れ  ら  と  周  け  の  後   ゜ 對  が  愛    
   理  し  一  ら  は   ` か  い  に  理  る   ` は  到  は  歡  天  微  象   ` と    
   念  て  章  か  何  一  で   ゜ 添  は  第  や   ` に  有  迎  皇  笑  よ  そ  敬    
   で  も  が  に  ぞ  歩  あ  事  ふ  な  九  む  自  さ  難  に  制   ` り  の  愛    
   あ   `  ┐  ` や  妥  る  勿  た  い  條  な  ら  ま  迷  應  が  友  も  對  の    
   る  第  國  國  と  協   ゜ れ  も   ゜ の  く  國  ざ  惑  へ  國  愛   ` 象  み    
    ゜ 二  の  家  い  し     主  の  尤  は  大  體  ま  な  る  民   ` 別  た  に    
   國  章  た  超  ふ  て     義  で  も  う  衆  た  に  贈  裝  か  や  種  る  つ    
   民  が  め  克  こ   `    の  あ  こ  を  は  る  作  物  置  ら  わ  の  こ  な    
   の  掲 └   の  と  不     官  る  れ  現   ` こ  ら  で  も  も  ら  對  と  が    
   側  げ  と  人  を  十     僚   ` ら  時  無  と  れ  あ  さ  つ  か  象  を  れ    
   か  て  い  類  規  分     群  と  の  の  際  を  た  り  ま  と  な  へ  け  た    
   ら  ゐ  ふ  的  定  な     が  私  皇  國  限  否   ゜  ` ざ  も  好  誘  ん   ゜   
   云  る  理  理  し  が     作  は  室  體  に  定  し  こ  ま  歡  意  導  め  國    
   え  の  念  想  て  ら     つ  云  政  と  そ  す  か  れ  に  迎  :  さ  い  民    
   ば  は  を  に  ゐ  第     た  は  策  考  の  る  し  を  作  さ  さ  れ  に  の    
    `  ┐ 一  つ  る  一     も  う  が  へ  忠  態   ` 拒  ら  れ  う  る  避  無    
   忠  人  應  い  と  章     の  と  天  る  誠  度  忠  絶  れ  る  い  こ  け  方    
   誠  類  掲  て  し  が     で  し  皇  に  を  に  誠  す  た  も  ふ  と  や  向    
   對  の  げ  述  て  日     あ  て  御  い  う  他  を  る  が  の  も  は  う  の    
                                                 `                  

 
    ┐ 存  盾     の  皇     て  天           込  き  命  ぞ  〇  時  最  明  象    
   皇  す  が  と  定  位  第   ` 皇  第  さ     め  ず  尊  れ  年  は  高  確  の    
   位  る  あ  あ  め  は  二  こ  は  一  て     ら   ` 重  明  春  そ  の  で  不    
   は  日  る  る  る   ` 條  の   ` 條   `    れ  し  の  白  の  れ  理  あ  分    
    ` 本   ゜ が  と  世     地  日  ∧  逐     る  か  ヒ  に  ハ  で  念  る  明    
   世  國  す   ` こ  襲     位  本  天  條     と  も  ュ  國  イ  よ  と   ゜ で    
   襲  民  な  第  ろ  の     は  國  皇  的     い  こ  ウ  家  ジ  い  は  こ  あ    
   の  の  は  一  に  も     主  の  の  に     ふ  の  マ  意  ャ  が   ` れ  り    
   も  總  ち  條  よ  の     權  象  地  現     醜  ヒ  ニ  志  ッ   ` 人  ら   `   
   の  意  第  と  り  で     の  徴  位  憲     態  ュ  ズ  を  ク  ひ  命  の  國    
   で  に  一  第   ` あ     存  で  ・  法     を  ウ  ム  表  事  と  尊  茫  家    
   あ  基  條  二  こ  つ     す  あ  國  の     さ  マ  以  明  件  た  重  漠  の    
   つ  く  に  條  れ  て     る  り  民  批     ら  ニ  上  し  の  び  の  た  側    
   て └   は  の  を   `    日  日  主  判     し  ズ  の  た  や  危  ヒ  る  か    
  └   と   ` 間  繼  國     本  本  權  に     た  ム  も  の  う  機  ュ  規  ら    
   と  あ   ┐ に  承  會     國  國  ∨  入     の  に  の  に  に  に  ウ  定  云    
   あ  る  こ  は  す  の     民  民     る     で  は  を   `  ` 際  マ  か  え    
   り  が  の  明  る  議     の  統     と     あ  存  表  ひ  韓  會  ニ  ら  ば    
    `  ` 地  ら   ゜ 決     總  合           つ  分  明  と  國  す  ズ  演   `   
   も  第  位  か     し     意  の           た  に  す  り   ` る  ム  繹  國    
   し  二  は  な     た     に  象            ゜ 僞  る  日  北  と  に  さ  家    
    ┐ 條   ` 論     皇     基  徴              善  こ  本  鮮   ` 基  れ  意    
   地  に  主  理     室     く  で              が  と  は  が  一  き  る  志    
   位  は  權  的     典      ゜ あ              塗  が   ` そ  九   ` 國  の    
  └    ` の  矛     範        つ              り  で  人  れ  七  平  家  不    
                                                                    

 
   の  二  皇  そ  か  を  天  な   ┐ 民  し  主  意  か  意  の  る  あ  は  民  と    
   師  條  が  も  否  受  皇  ら  象  の   ┐ 義  志  れ  を  總   ゜ り  可  の   ┐   
   匠  の   ┐ そ  か  け  は  ぬ  徴  總  地  の  に  る  み  意  又   ` 笑  總  皇    
   や   ┐ 象  も   ` て   `  ゜ と  意  位  上  主  け  と  な  も   ┐ し  意  位    
   能  世  徴  天  再  そ  即  そ  し  に └   に  權  れ  め  る  し  國  い  に └     
   役  襲  と  皇  檢  の  位  れ  て  基  と  成  が  ど  る  も  假  民   ゜ 基  を    
   者 └   し  制  討  都  の  な  の  ず   ┐ 立  存  も  と  の  に  の  世  く  同    
   の  は  て  自  さ  度  た  ら  地  く  皇  つ  す   ` き  を  一  總  襲 └   じ    
   家  無  の  體  れ   ` び  ば  位  が  位  民  る  個  は   ` 歩  意  は  筈  も    
   と  意  地  の  ね   ┐ に   `└    `└   主  な  人   ` 一  ゆ  に  生  の  の    
   同  味  位  再  ば  象  主  世  と   ┐ を  主  ら  の   ┐ 代  ず  基  物  も  と    
   格  に └   檢  な  徴  權  襲   ┐ 皇  同  義  ば  自  世  限  つ  く  學  の  す    
   に  な  を  討  ら  と  者  の  皇  位  じ  と   ` 由  襲  り  て └   的  が  れ    
   な  る  否  と  ぬ  し  た   ┐ 位 └   も  矛  そ  意 └   で   ` も  條   ` ば    
   る   ゜ 定  等   ゜ て  る  皇 └   は  の  盾  れ  志  の  な   ┐  ┐ 件   ┐  `   
   危  い  さ  し  し  の   ┐ 位  と  世  と  す  は  を  語  く  主  基  以  世   ┐   
   險  は  れ  い  か  地  國 └   を  襲  せ  る  そ  超  と   ` 權  か  外  襲  主    
   に  ば  れ  か  も  位  民  に  別  だ  ず  で  も  越  の  各  の  ぬ  の  さ  權    
    ` 天  ば  ら  そ └   の  つ  の  と   ` あ  そ  し  矛  人  存 └   條  れ  の    
   た  皇   `  ` の  を  總  い  概  す   ┐ ら  も  た  盾  累  す  も  件  る  存    
   へ  家  必  こ  再  認  意  た  念  る  地  う  近  そ  は  代  る  な  な └   す    
   ず  は  然  こ  檢  め └   新  と  な  位   ゜ 代  の  大  世  日  い  き  と  る    
   さ   ` 的  で  討  ら  の  ら  せ  ら └   又  的  や  部  襲  本  の  繼  い  日    
   ら  お  に  新  は  れ  査  し  ね  ば  は   ` 個  う  分  の  國  で  承  ふ  本    
   さ  花  第  天   ` る  察  い  ば     國  も  人  な  除  總  民  あ  で  の  國    
                                                                    

 
   用  の  で  日  る     き  り  然  た  昔  を  を  あ  ・  を  歴  か  結     れ    
   に  壓  あ  本  權  わ   `  ` 法  も  か  接  破  る  空   ` 史  に  果  私  て    
   よ  力  ら  的  利  れ  ま  も  理  の  ら  着  壞   ゜ 間   ┐ 的   ` を  は  ゐ    
   つ  に  う  自  を  わ  つ  つ  念  で  の  さ  し  こ  的  國  存  第  描  非  る    
   て  抗   ゜ 然  有  れ  ろ  と  を  あ  制  せ  て  れ  概  民  在  一  い  常  こ    
    ` し  英  法  す  は  わ  端  以  る  度   `  ` は  念  主  の  條  て  識  と    
   同  て  國  を  る   ` せ  的  て   ゜ を  移  む   ` を  權   ` に  み  を  に    
   等   ` の  見  天  日  た  に   ` そ  正  入  り   ┐ 以 └   時  於  せ  承  な    
   の  憲  や  る  皇  本  條  云  日  れ  當  の  や  一  て  と  間  て  た  知  る    
   法  法  う  か  制  的  項  へ  本  は  化  は  り  君  裁  い  的   ` の  し   ゜   
   的  を  に  に  を  自  で  ば  の   ` し  る  に  萬  い  ふ  聯  天  で  つ       
   效  不  慣  つ  單  然  あ   ` 傳  キ  や  か   ` 民  た   ` 續  皇  あ  つ       
   果  文  習  い  な  法  つ  西  來  リ  う  後  西 └   と  個  性  と  る   `      
   と  の  法  て  る  を  た  歐  の  ス  と  世  歐  と  い  人  ∧  い  が  こ       
   法  ま  の  は  慣  以   ゜ の  自  ト  し  の  的  い  ふ  的  永  ふ   ` の       
   的  ま  強   ` 習  て     神  然  教  た  制  民  ふ  無  ・  遠   ` こ  矛       
   救  に  い  議  法  日     を  法  に  方  度  主  ご  理  非  ∨  超  の  盾       
   濟  置  國  論  と  本     以  を  基  法  に  主  と  か  傳  の  個  や  の       
   を  き  が  の  見  の     て  裁  ず  的  よ  義  き  ら  承  保  人  う  招       
   實   `  ` 分  る  憲     日  い  ゐ  誤  つ  理  古  生  的  證  的  な  來       
   現  慣  自  れ  か  法     本  た  た  謬  て  念  い  じ  ・  者  ・  矛  す       
   し  習  然  る   ` を     の  も  西  か   ` と  傳  た  非  た  傳  盾  る       
   て  法  法  と  そ  創     神  の  歐  ら  今  天  承  も  歴  る  統  は  論       
   ゆ  の  理  こ  こ  造     を  で  の  生  生  皇  觀  の  史  機  的  明  理       
   く  運  念  ろ  に  す     裁  あ  自  れ  の  制  念  で  的  能  ・  ら  的       
                                     `                              

 
   は  イ  超  基  び  に  ど  慣  ィ  又  は  ら  れ  壓  主  の  た  が  巨  ス  が    
   な  デ  へ  本  眞  戻  自  習  か  逆  自   ` わ  し  義  共  な   ` 大  革  如    
   か  ン  さ  法  劍  つ  由  ・  ら  に  由  ど  れ  て  の  通  い  日  な  命  き    
   つ  テ  せ  を  に  て  で  文  は   ` で  う  が   ` 諸  の   ゜ 本  抽  の  手    
   た  ィ   ` 定  ぶ  東  あ  化  自  も  あ  し  も  こ  理  表  現  の  象  理  續    
   か  テ  し  め  つ  洋  り  ・  由  し  り  て  し  れ  念  看  代  風  的  念  は    
   ?  ィ  ら  る  か  と  う  歴  で  わ  得  近  あ  に  は  板  は  土  な  と   `   
      を  ぬ  の  る  西  る  史  あ  れ  な  代  ら  對   ` に  ふ  に  國  ピ  日    
   天  喪  間  に  こ  洋  だ  ・  り  わ  い  的  ゆ  す  各  な  し  も  家  ュ  本    
   皇  は  に   ` と  と  ら  宗  得  れ  と  法  る  る  國  り  ぎ  つ  體  ウ  で    
   の  せ   ` こ  で  の  う  教  な  が  い  理  宗  自  の  な  な  と  制  リ  は    
   問  る  日  の  あ  對  か  な  い  近  ふ  念  教  由  基  が  時  も  を  タ  望    
   題  方  本  最  る  立   ゜ ど  と  代  こ  の  を  を  本  ら  代  不  作  ニ  み    
   は  向  の  大  が  融  そ  の  す  的  と  コ  信  許  法   ` で  適  り  ズ  が    
   か  へ  そ  の   ` 合  れ  民  る  法  が  ン  ず  し  に  十   ` 合  上  ム  た    
   く   ` の  難  敗  の  は  族  な  理  あ  フ  る  て  の  八  信  で  げ  の  い    
   て  追  も  問  戰  最  又  的  ら  念  ら  ォ  こ  ゐ  し  世  教  あ  た  使  が    
   憲  ひ  つ  を  の  大   ` 固  ば  の  う  |  と  な  か  紀  の  る  ア  命   `   
   法  や  と  や  衝  の  明  有   ` コ  か  ミ  に  い  か  以  自  こ  メ  感  す    
   改  つ  も  す  撃  難  治  性  習  ン  ?  テ  自  の  り  來  由  と  リ  で  べ    
   正  て  本  や  は  問  憲  か  俗  フ     ィ  由  で   ` の  が  は  カ  割  て    
   の  來  質  す   ` に  法  ら  ・  ォ     か  で  あ  こ  西  先  云  の  り  を    
   も  た  的  と  一  ふ  の  そ  傳  |     ら  あ  る  れ  歐  進  ふ  法  切  フ    
   つ  の  な  乘  國  た  發  れ  習  ミ     だ  る   ゜ を  人  諸  を  秩  つ  ラ    
   と  で  ア  り  の  た  祥  ほ  ・  テ     け  な  わ  制  文  國  俟  序  て  ン    
                                                             `      

 
   時     て  の  的  あ  の  點  ば  皇  個  は  あ  徴  傳  表   ┐ ゆ     語  も    
   に  天   ` 時  君  つ  時  に   ` が  人  神  り  行  統  現  儀  る  こ  る  重    
    ` 皇   ┐ 間  主  て  間  お  い   ┐ 的  道   ` 爲  ・  で  式   ┐ れ  こ  要    
   そ  が  象  的  と   ` 的  け  か  神  行  の  存  で  文   ┐ を  人  に  と  な    
   の   ┐ 徴  聯  は  大  聯  る  に  聖  事  祭  在  あ  化  國  行  間  つ  は  論    
   政  神 └   續  祭  統  續  日  し └   に  祀  理  る  の  事  ふ  宣  い  で  點    
   治  聖  た  性  祀  領  性  本  て  と  な  を  由  祭  聯  行  こ  言  て  き  で    
   的 └   る  の  の  と  と  國   ┐ 完  り  意  で  祀  續  爲  と └   幾  な  あ    
   無  と  特  象  一  は  關  民  象  全   ` 味  あ  が  性 └  └   は  多  い  つ    
   答  最  色  徴  點  世  は  お  徴  に  國  せ  る   ` と  に  ∧  至  の   ゜ て    
   責  終  を   ` に  襲  り  よ └   手  と  ぬ  の  な   ` 辛  第  當  問      `   
   任  的  擔  祖  お  の  が  び  と  を  切  も  に  ほ  國  う  七  で  題     何    
   性  に  つ  先  い  一  な  日  な  切  り  の   ` 天  の  じ  條  あ  點     人    
   に  つ  て  崇  て  點  い  本  り  つ  離  と  國  皇  永  て  第  つ  が     も    
   お  な  ゐ  拜  こ  に  な  國  え  た  さ  解  事  の  遠  の  十  た  考     こ    
   い  が  る  の  と  お  ら  の  や  世  れ  さ  行  も  性  こ  項  か  へ     れ    
   て  つ  の  象  な  い  ば  み  う  俗  て  れ  爲  つ  を  さ  ∨  ?  ら     を    
   現  て  で  徴  る  て   ` に   ゜ 的  ゐ   ` と  と  祈  れ  と     れ     看    
   實  ゐ  あ  た  天  こ  大  か   ┐ 君  る  祭  し  も  念  て  ニ  新  る     過    
   所  る  る  る  皇  と  統  か  象  主   ゜ 祀  て  重  し  ゐ  ュ  憲   ゜    し    
   與  こ   ゜ こ  は  な  領  は  徴  で  し  は  の  要  保  る  ウ  法  天     て    
   の  と     と   ` り  で  り └   あ  か  天   ┐ な  障  が  ト  に  皇      `   
   變  は     に  正   ` 十   ` が  る  し  皇  儀  仕  す  歴  ラ  よ  の     改    
   轉   `    お  に  世  分  日  現  な   ` 家  式  事  る  史  ル  れ  い     憲    
   す  同     い  そ  俗  で  本  時  ら  天  の └   で  象  ・  な  ば  は     を    
                                                                    

 
   た  無  神  宗  な  主  以  見  一  あ  條     る  ∧  な  天  體  な  す  こ  る    
   占  智  混  教  特  義  て  る  神  ら   ┐  ┐  ゜ 第  い  皇  系  い  で  れ  政    
   領  な  淆  的  殊  の  日  こ  教  う  信  神     七  の  が  こ   ゜ に  を  治    
   軍  大  ∨  な  性  宗  本  と  の   ゜ 教  聖     條  は   ` そ  な   ┐ 逆  的    
   の  斧  を  神   ` 教  の  が  宗  キ  の  不     第   ` 一   ` ぜ  神  に  責    
   政  を  理  道  そ  的  國  で  教  リ  自  可     七  一  般  政  な  聖  云  任    
   治  揮  解  を  の  根  家  き  的  ス  由  侵     項  種  人  治  ら └   へ  を    
   的  つ  し  中  習  據  神  ず  非  ト └  └      ∨  の  同  的   ` を  ば  免    
   意  て  な  心  俗  を  道   ` 寛  教  の  の     の  論  樣  責  人  内   ` れ    
   圖  そ  か  と  純  國  を  英  容  文  規  規     源  理  の  任  間  包  天  て    
   は  の  つ  し  化  家  類  國  の  化  定  定     泉  的  名  の  で  し  皇  ゐ    
    ` 文  た  た  の  神  推  國  先  を  か  の     に  詐  譽  體  あ  て  の  れ    
   今  化   ゜ 日  機  道  し  教  入  し  ら  復     對  術  毀  系  る  ゐ  政  ば    
   や  的  敗  本  能  に   ` の  主  か  神  活     す  で  損  だ  こ  る  治  こ    
   明  傳  戰  の  等  妄  の  イ  を  知  道  は     る  あ  の  か  と  と  的  そ    
   ら  統  國  シ  を  想  み  ン  以  ら  の   `    國  つ  法  ら  の  考  無   `   
   か  の  の  ン  無  し  な  グ  て  ぬ  除  お     自  て  的  で  も  へ  答  保    
   で  根  宗  ク  視   ` ら  ラ  し  西  外  の     體   ` 保  あ  つ  な  責  障    
   あ  本  教  レ  し  神  ず  ン  か  歐  例  づ     の   ┐ 護  る  と  け  は  さ    
   る  を  問  テ   ` 道  あ  ド   ` 人  を  か     自  榮  し   ゜ も  れ   ` れ    
   の  絶  題  ィ  は  の  ら  教  他  は  要  ら     己  典  か  そ  明  ば  そ  る    
   に  た  に  ズ  な  非  ゆ  會  の   ` 求   `    冐  授  受  の  確  論  れ  の    
    ` う  ま  ム  は  宗  る  の  宗  こ  す  第     涜  與  け  や  な  理  自  で    
   日  と  で  ∧  だ  教  侵  例  教  の  る  二     で └   ら  う  責  的  體  あ    
   本  し   ` 諸  非  的  略  を  を  唯  で  十     あ     れ  な  任  で  が  る    
                                                                ゜   

 
                                 な  け  舊  直  と  皇  上  幅  い  は  人    
                                 い   ` 憲  ち  な  の  に  に  ふ  自  は    
                                  ゜ 決  法  に  さ  榮  明  制  の  ら  こ    
                                    し  の  改  れ  典  記  約  が  の  の    
                                    て   ┐ め  て  授  さ  さ  私  神  重    
                                    天  統  ら  ゐ  與  れ  れ  の  聖  要    
                                    皇  帥  れ  る  の  ね  て  考  を  な    
                                    に  權  る  不  國  ば  然  へ  恢  魂    
                                    そ  獨  で  均  事  な  る  で  復  の    
                                    の  立  あ  衡  行  ら  べ  あ  す  問    
                                    最 └   ら  不  爲  な  く  る  べ  題    
                                    終  規  う  自  で  い   `  ゜ き  を    
                                    指  定   ゜ 然  す  が  天  一  義  放    
                                    揮  の  但  は  ら   ` 皇  方  務  置    
                                    權  慘  し   `  ` 第  の   ` を  し    
                                    を  憺   ` 九  文  二  政  舊  國  て    
                                    歸  た  事  條  官  章  治  憲  民  來    
                                    屬  る   ` の  に  の  上  法  に  た    
                                    せ  結  軍  變  對  遠  の  の  對  の    
                                    し  果  事  更  し  慮  無  天  し  で    
                                    む  を  に  に  て  に  答  皇  て  あ    
                                    べ  見  關  よ  の  よ  責  大  負  る    
                                    き  る  し  つ  み  つ  は  權  ふ   ゜   
                                    で  に  て  て  公  て  憲  は   ` 天    
                                    は  つ  は   ` 然  天  法  大  と  皇    
                                           `                        
メニュー 進む
一頁憂國資料室