に  国     は  強  か  た  る  ひ  し  我  戦  日  け  自  る  に  自        檄    
   走  の  わ  断  弁  も   ゜ い  も  て  々  後  本  又  衛  か  報  衛  わ          
   り  大  れ  言  と  な  教  現  な  共  の  つ  に  わ  官   ゜ い  隊  れ          
    ` 本  わ  す  云  ほ  官  代  い  に  汗  ひ  は  れ  と  か  る  は  わ          
   そ  を  れ  る  は   `  ` 日   ゜ 富  は  に  な  わ  し  へ  に  わ  れ          
   の  忘  は   ゜ れ  敢  助  本  わ  士  純  知  い  れ  て  り   ` れ  楯          
   場  れ  戦     よ  て  教  で  れ  の  一  ら   ┐ も  の  み  こ  わ  の          
   し   ` 後     う  こ  諸  凛  わ  原  で  な  真  心  待  れ  の  れ  会          
   の  国  の     と  の  氏  烈  れ  野  あ  か  の  か  遇  ば  や  の  は          
   ぎ  民  日     も  挙  か  の  に  を  り  つ  日  ら  を   ` う  父   `         
   と  精  本      ` に  ら  気  と  馳   ` た  本  自  受  私  な  で  自          
   偽  神  が     自  出  受  を  つ  駆  憂  男 └   衛  け  は  忘  も  衛          
   善  を  経     衛  た  け  呼  て  し  国  の  を  隊   ` 四  恩  あ  隊          
   に  失  済     隊  の  た  吸  自  た  の  涙  こ  を  一  年  的  り  に          
   陥  ひ  的     を  は  愛  で  衛   ゜ 精  を  こ  愛  片   ` 行   ` よ     楯    
   り   ` 繁     愛  何  情  き  隊  こ  神  知  に  し  の  学  為  兄  つ     の    
    ` 本  栄     す  故  は  る  は  の  を  つ  夢   ` 打  生  に  で  て     会    
   自  を  に     る  で  測  唯  故  こ  相  た  み  も  算  は  出  も  育     隊    
   ら  正  う     が  あ  り  一  郷  と  共   ゜  ` は  も  三  た  あ  て     長    
   魂  さ  つ     故  る  知  の  で  に  に  こ  こ  や  な  年  の  る  ら          
   の  ず  つ     で  か  れ  場  あ  は  す  こ  こ  隊  い   ` は   ゜ れ     三    
   空  に  を     あ   ゜ な  所  り  一  る  で  で  の  教  隊  何  そ   `    島    
   白  し  抜     る  た  い  で   ` 点  同  流  こ  柵  育  内  故  の  い     由    
   状  て  か     と  と   ゜ あ  生  の  志  し  そ  外  を  で  で  恩  わ     紀    
   態  末  し     私  え  し  つ  ぬ  疑  と  た  終  の  受  準  あ  義  ば     夫    
          `                                                         

 
   の  る  そ  ま  忠  物  衛  敗  も  ゐ  日  釈  あ  し  本  ば  伝  払  捧     へ    
   を  こ   ` り  誠  理  隊  戦  悪  る  本  に  り  か   ` な  統  拭  げ  政  落    
   信  と  日  に  の  的  は  後  質  の  人  よ   ` も  真  ら  を  さ  ら  治  ち    
   じ  は  本  永  対  に  国  の  な  を  の  つ  国  法  の  な  涜  れ  れ  は  込    
   た  な  が  い  象  巨  軍  国  欺  見  魂  て  の  理  日  か  し  ず   ` 矛  ん    
    ゜ し  目  日  も  大  た  家  瞞  た  の  ご  根  論  本  つ  て  に  国  盾  で    
   憲  に  ざ  本  明  な  り  の  の   ゜ 腐  ま  本  的  人  た  ゆ  た  家  の  ゆ    
   法   ` め  の  確  も  え  不  下  も  敗  か  問  に   `  ゜ く  だ  百  糊  く    
   改  こ  る  眠  に  の  ず  名  に  つ   ` さ  題  は  真  わ  の  ご  年  塗  の    
   正  の  時  り  さ  と   ` 誉  放  と  道  れ  で   ` の  れ  を  ま  の   ` を    
   に  眠  だ  に  れ  し  建  な  置  も  義   ` あ  自  武  わ   ` か  大  自  見    
   よ  れ  と  憤  な  て  軍  十  さ  名  の  軍  る  衛  士  れ  歯  さ  計  己  た    
   つ  る  信  つ  か  の  の  字  れ  誉  頽  の  防  隊  の  は  噛  れ  は  の   ゜   
   て  日  じ  た  つ  地  本  架  て  を  廃  名  衛  は  魂  今  み   ` 外  保       
    ` 本  た   ゜ た  位  義  を  来  重  の  前  が  違  が  や  を  日  国  身       
   自  が   ゜ 自   ゜ し  を  負  た  ん  根  を   ` 憲  残  自  し  本  に   `      
   衛  目  自  衛  わ  か  与  い  の  ず  本  用  御  で  さ  衛  な  人  委  権       
   隊  ざ  衛  隊  れ  与  へ  つ  で  べ  原  ひ  都  あ  れ  隊  が  自  ね  力       
   が  め  隊  が  わ  へ  ら  づ  あ  き  因  な  合  る  て  に  ら  ら   ` 慾       
   建  る  が  目  れ  ら  れ  け  る  軍  を  い  主  こ  ゐ  の  見  日  敗   `      
   軍  こ  自  ざ  は  れ  ず  て   ゜ が  な  軍  義  と  る  み  て  本  戦  偽       
   の  と  ら  め  戦  ず   ` 来  自   ` し  と  の  は  の   ` ゐ  の  の  善       
   本  は  目  る  後   ` 警  た  衛  も  て  し  法  明  を  真  な  歴  汚  に       
   義  な  ざ  時  の  そ  察   ゜ 隊  つ  来  て  的  白  見  の  け  史  辱  の       
   に  い  め  こ  あ  の  の  自  は  と  て   ` 解  で  た  日  れ  と  は  み       
                                              ゜                     

 
   は  察  か     よ  ふ  存  中  す  動  察  の  な  そ  正  す  に  年     り  立    
    ┐ 力   ゜ し  う  使  在  心  る  に  力  は  つ  そ  が  る  自  に  四  を  ち    
   こ  の  総  か  と  命  し  と  で  よ  を  軍  て  の  も  た  衛  は  年  尽   `   
   れ  下  理  る  し  の  な  す  あ  つ  以  隊  命  唯  は  め  隊  楯  前  く  真    
   で  に  訪  に  て  た  い  る  ら  て  て  で  を  一  や  に  が  の   ` す  の    
   憲  不  米  昨  ゐ  め  の  日  う  国  守  あ  捨  の  議   ` 目  会  私  こ  国    
   法  発  前  昭  た   ` で  本   ゜ 体  り  り  て  好  会  命  ざ  を  は  と  軍    
   は  に  の  和  の  わ  あ  の  日  が  き   `  ` 機  制  を  め  結  ひ  以  と    
   変  終  大  四  で  れ  る  歴  本  明  れ  政  国  で  度  捨  る  成  と  上  な    
   わ  わ  詰  十  あ  わ   ゜ 史  の  ら  な  体  軍  あ  下  て  時  し  り  に  る    
   ら  つ  と  四  る  れ  国  ・  軍  か  い  を  の  り  で  よ   ` た  志  大  日    
   な  た  い  年   ゜ は  の  文  隊  に  段  守  礎   ` は  う  自   ゜ を  い  の    
   い   ゜ ふ  十     小  ね  化  の  な  階  る  石  わ  む  と  衛  楯  抱  な  た    
  └   そ  べ  月     数  ぢ  ・  建  り  に  の  た  れ  ず  い  隊  の  い  る  め    
   と  の  き  二     乍  曲  伝  軍   ` 来  は  ら  わ  か  ふ  を  会  て  責  に    
   痛  状  こ  十     ら  が  統  の  軍  て  警  ん  れ  し  決  国  の  自  務   `   
   恨  況  の  一     訓  つ  を  本  は   ` 察  と  は  け  心  軍  根  衛  は  国    
   し  を  デ  日     練  た  守  義  建  は  で  し  治  れ  に   ` 本  隊  な  民    
   た  新  モ  に     を  大  る  と  軍  じ  あ  た  安  ば  あ  名  理  に  い  と    
    ゜ 宿  は  何     受  本 └   は  の  め  る   ゜ 出   ` つ  誉  念  入   ` し    
   そ  で  圧  が     け  を  こ   ` 本  て   ゜ 国  動  治  た  あ  は  り  と  て    
   の  見  倒  起      ` 正  と   ┐ 義  軍  政  体  の  安   ゜ る   `  ` 信  微    
   日  て  的  こ     挺  す  に  天  を  隊  体  を  前  出  憲  国  ひ  そ  じ  力    
   に   ` な  つ     身  と  し  皇  回  の  を  守  衛  動  法  軍  と  の  た  の    
   何  私  警  た     し  い  か  を  復  出  警  る  と  こ  改  と  へ  翌   ゜ 限    
                                                                    

 
   党  除  そ  憲  隊        が  び  る  そ  た  を  に  て  い  つ  を  敢  に  が    
   が  外  の  法  に  実  銘  は   ` こ  れ  の  と  は  頬  警  た  収  え  も  起    
    ` さ  希  改  と  は  記  じ  前  と  で  で  る  憲  つ  察   ゜ 拾  て  等  こ    
   非  れ  望  正  つ  こ  せ  ま  に  に  よ  あ  方  法  か  力  政  し   ┐ し  つ    
   議   ` が  を  て  の  よ  つ  も   ` か  る  策  護  ぶ  だ  府  う  憲  い  た    
   会  相  裏  待  悲  昭  !  た  ま  政  ら   ゜ を  持  り  け  は  る  法  警  か    
   主  共  切  ち  劇  和      ゜ さ  治  う  名  固  の  を  で  政  自  改  察   ゜   
   義  に  ら  こ  の  四        る  家   ゜ を  め  飴  つ  乗  体  信  正  の  政    
   的  議  れ  が  日  十        偽  は  し  捨   ` 玉  づ  り  維  を └   規  府    
   方  會   ` れ  だ  四        善  気  か  て  自  を  け  切  持  得  と  制  は    
   法  主  憲  て  つ  年        と  づ  し  て  ら  し  る  る  の  た  い  に  極    
   の  義  法  き  た  十        隠  か  自   ` 護  ゃ  自  自  た  の  ふ  対  左    
   可  政  改  た   ゜ 月        蔽  な  衛  実  憲  ぶ  信  身  め  で  火  す  勢    
   能  黨  正  自  創  二         ` い  隊  を  を  ら  を  を  に  あ  中  る  力    
   性  を  は  衛  立  十        う  筈  に  と  標  せ  得  得  は  る  の  一  の    
   を  主  政  隊  以  一        れ  は  と  る  榜  つ  た   `  `  ゜ 栗  般  限    
   晴  張  治  に  来  日        し  な  つ  !  す  づ   ゜ 国  何  治  を  民  界    
   れ  す  的  と  二  と        が  い  て  政  る  け  こ  の  ら  安  拾  衆  を    
   晴  る  プ  つ  十  い        ら   ゜ は  治  こ   ` れ  根  憲  出  は  の  見    
   れ  自  ロ  て  年  ふ        せ  そ   ` 家  と  名  で  本  法  動  ず  反  極    
   と  民  グ   ` に  日        と  こ  致  に  の  を   ` 問  と  は  と  応  め    
   払  党  ラ  決  亙  は        ご  で  命  と  利  捨  左  題  抵  不  も  を   `   
   拭  と  ム  定  つ   `       ま  ふ  傷  つ  点  て  派  に  触  要   ` 見  戒    
   し  共  か  的  て  自        か  た  で  て  を  て  勢  対  し  に  事  極  厳    
   た  産  ら  に   ` 衛        し  た  あ  は  得  実  力  し  な  な  態  め  令    
                                                             `      

 
   は  し  た  ま  る  国  て  守     ま  る  重  男  を  ど  ゐ  日     認  憲  日    
   日  か   ゜ ま  の  の  は  れ  し  し  の  ね  の  守  う  た  以  こ  知  法  だ    
   本  し  諸  だ  に  論  来 └   か  た  が  て  矜  る  し  や  後  れ  さ  の  つ    
   か  諸  官  つ   ` 理  な  と  し   ゜ 男  も  り  と  て  う  の  以  れ  私  た    
   ら  官  は  た  自  の  か  い  自     で   ` が  は  こ  に  自  上  た  生   ゜   
   来  に  任   ゜ 衛  歪  つ  ふ  衛     あ  守  ど   ` の   ` 衛  の  の  児  論    
   な  与  務  わ  隊  み  た  屈  隊     り  る  う  な  事  も  隊  パ  で  で  理    
   い  へ  を  れ  は  を   ゜ 辱  の     武  べ  し  ん  態  し  に  ラ  あ  あ  的    
   の  ら  与  わ  声  正  か  的  ど     士  き  て  た  を  自  一  ド  る  つ  に    
   だ  れ  へ  れ  を  す  く  な  こ     で  最  こ  る  黙  衛  刻  ッ   ゜ た  正    
    ゜ る  ら  は  奪  ほ  な  命  か     あ  後  れ  論  視  隊  一  ク     自  に    
   シ  任  れ  悲  は  か  る  令  ら     る  の  を  理  し  に  刻  ス     衛   `   
   ヴ  務  な  し  れ  に  上  に  も      ゜ 一  容  的  え  武  注  が     隊  そ    
   ィ  は  け  み  た  道  は  対   `    わ  線  認  矛  よ  士  視  あ     は  の    
   リ   ` れ   ` カ  は   ` す   ┐    れ  を  し  盾  う  の  し  ら      ` 日    
   ア  悲  ば  怒  ナ  な  自  る  自     わ  こ  え  で   ゜ 魂  た  う      ┐ を    
   ン  し  何  り  リ  い  ら   ` ら     れ  え  よ  あ  自  が   ゜ か     護  堺    
   ・  い  も   ` ヤ  こ  の  男  を     は  れ  う  ら  ら  残  わ   ゜    憲  に    
   コ  か  で  つ  の  と  力  子  否     ひ  ば   ゜ う  を  つ  れ  わ     の  し    
   ン  な  き  ひ  や  が  を  の  定     た   ` 我   ゜ 否  て  わ  れ     軍  て    
   ト   ` ぬ  に  う  わ  自  声  す     す  決  慢  男  定  ゐ  れ  わ     隊   `   
   ロ  最  と  は  に  か  覚  は  る     ら  然  に  で  す  る  が  れ    └   そ    
   |  終  い  憤  黙  つ  し  き  憲     耳  起  我  あ  る  な  夢  は     と  れ    
   ル  的  ふ  激  つ  て  て  こ  法     を  ち  慢  れ  も  ら  み  こ     し  ま    
   は  に   ゜ し  た  ゐ   ` え  を     す  上  を  ば  の  ば  て  の     て  で    
                                                 `                  

 
      も     リ  性  こ     は  ジ  こ  あ  者  繊  死  は  よ  こ  れ  ロ  リ  民    
   し  う  わ  カ  を  と  ア  何  ェ  と  た  も  維  ん  魂  り  と   ` |  ア  主    
   か  待  れ  の  回  を  メ  か  ネ  が  か  あ  交  だ  が  深  で  変  ル  ン  的    
   し  て  わ  傭  復  喜  リ  ?  ラ  明  も  つ  渉  巨  腐  い  は  節  で  ・  軍    
   あ  ぬ  れ  兵  せ  ば  カ     ル  ら  か  た  に  大  つ  自  な  常  あ  コ  隊    
   と   ゜ は  と  ね  な  は  本  一  か  つ  の  当  な  た  己  い  な  る  ン  の    
   三  自  四  し  ば  い  真  土  人  で  て  に  つ  武  の  欺   ゜ き   ゜ ト  本    
   十  ら  年  て   ` の  の  の   ` あ  の   ` て  器  か  瞞  こ  政  日  ロ  姿    
   分  冒  待  終  左  は  日  防  自  る  五  国  は  庫   ゜ と  の  治  本  |  で    
    ` 涜  つ  わ  派  自  本  衛  衛  に  ・  家  自  に  武  自  上  家  の  ル  あ    
   最  す  た  る  の  明  の  責  隊  も  五  百  民  な  士  己   ` に  や  は  る    
   後  る   ゜ で  い  で  自  任  か  か  ・  年  党  つ  の  冒  政  操  う   `  `   
   の  者  最  あ  ふ  あ  主  と  ら  か  三  の  を  て  魂  涜  治  ら  に  軍  と    
   三  を  後  ら  如  る  的  は  は  は  の  大  売   ` は  の  家  れ  人  政  い    
   十  待  の  う  く   ゜ 軍  何  出  ら  不  計  国  ど  ど  道  の   ` 事  に  ふ    
   分  つ  一   ゜  ` あ  隊  か  な  ず  平  に  奴  こ  こ  を  う  党  権  関   ゜   
   待  わ  年     自  と  が  ?  か   ` 等  か  呼  へ  へ  歩  れ  利  ま  す  し    
   た  け  は     衛  二  日     つ  抗  条  か  ば  行  行  ま  し  党  で  る  か    
   う  に  熱     隊  年  本     た  議  約  は  は  か  つ  う  が  略  奪  財  し    
    ゜ は  烈     は  の  の      ゜ し  の  る  り  う  た  と  ら  に  は  政  英    
      行  に     永  う  国     沖  て  再  核  し  と  の  す  せ  利  れ  上  米    
      か  待     遠  ち  土     縄  腹  現  停  た  す  だ  る  に  用  て  の  の    
      ぬ  つ     に  に  を     返  を  で  条  繊  る   ゜ 自  の  さ  去  コ  シ    
       ゜ た     ア  自  守     還  切  あ  約  維  の  魂  衛  り  れ  勢  ン  ヴ    
          ゜    メ  主  る     と  る  る  は  業  か  の  隊   ` る  さ  ト  ィ    
                                     `     ゜                        

 
                              る  し  わ     て  日  義  の  し  重          
                                 て  れ  も  死  本  で  所  て  の  日  共    
                                 蘇  は  し  ぬ  だ  も  在  何  み  本  に    
                                 へ  至  ゐ  奴   ゜ な  を  の  で  を  起    
                                 る  純  れ  は  こ  い  諸  軍   ` 日  つ    
                                 こ  の  ば  ゐ  れ   ゜ 君  隊  魂  本  て    
                                 と  魂   ` な  を  日  の  だ  は  の  義    
                                 を  を  今  い  骨  本  目   ゜ 死  真  の    
                                 熱  持  か  の  抜  だ  に  今  ん  姿  た    
                                 望  つ  ら  か  き   ゜ 見  こ  で  に  め    
                                 す  諸  で   ゜ に  わ  せ  そ  も  戻  に    
                                 る  君  も     し  れ  て  わ  よ  し  共    
                                 あ  が  共     て  わ  や  れ  い  て  に    
                                 ま   ` に     し  れ  る  わ  の   ` 死    
                                 り  一  起     ま  の   ゜ れ  か  そ  ぬ    
                                  ` 個  ち     つ  愛  そ  は   ゜ こ  の    
                                 こ  の   `    た  す  れ  生  生  で  だ    
                                 の  男  共     憲  る  は  命  命  死   ゜   
                                 挙  子  に     法  歴  自  尊  以  ぬ       
                                 に   ` 死     に  史  由  重  上  の       
                                 出  真  な     体  と  で  以  の  だ       
                                 た  の  う     を  伝  も  上  価   ゜      
                                 の  武   ゜    ぶ  統  民  の  値  生       
                                 で  士  わ     つ  の  主  価  な  命       
                                 あ  と  れ     け  国  主  値  く  尊       
                                                 `                  
メニュー
憂國資料室