手  例     衞  |     ん  れ  同     な  係  生  る  怖  る  自           徳    
   に  會  市  隊  で  何   ゜ る  時  小  ほ  に  が  か  れ  た  己  御  前     岡    
   よ  の  ヶ  内  御  ら     か  に  生  願  傳  何   ` て  め  宣  多  略     孝    
   つ  た  谷  部  待  か     は  演  の  ひ  は  事  成  で   ` 傳  用        夫    
   て  め  會  へ  機  の      ` 説  意  と  つ  も  否  あ  も  の  中  い     氏    
   移  集  舘  お  下  變     ま  要  圖  し  た  な  不  り  み  た  を  き     へ    
   動  つ  三  問  さ  化     だ  旨  は  て  ら  く  明  ま  消  め  か  な     の    
   を  て  階  合  る  が     こ  で  同   `  ` 歸  で  す  し  で  へ  り     手    
   命  を  に  せ  こ  起     の  す  對  御  大  つ  あ   ゜ を  は  り  要     紙    
   ぜ  り  は  な  と  る     時  が  の  厚  變  て  り  し  さ  あ  み  用          
   ら  ま   ` ど  が  ま     點   ` 檄  意  な  き  ま  か  れ  り  ず  の          
   れ  す  何  な  最  で     に  そ  に  に  こ  た  す  も   ` ま  お  み          
   る   ゜ も  さ  も   `    於  れ  盡  甘  と  場  の  寸  小  せ  出  申          
   と  こ  知  ら  安  こ     て  が  さ  え  に  合  で  前  生  ん  で  上          
   き  の  ら  ぬ  全  の     申  い  れ  た  な   `  ` ま  ら   ゜ い  げ          
   が  聯  ぬ  や  で  ま     上  か  て  わ  り  小  も  で  の  事  た  ま          
    ` 中  楯  う  あ  ま     げ  な  を  け  ま  生  し   ` 眞  柄  だ  す          
   變  が  の  お  り   `    る  る  り  で  す  の  邪  い  意  が  い   ゜         
   化  警  會  願  ま  市     こ  方  ま  あ  の  意  魔  か  が  自  た             
   の  察  會  ひ  す  ヶ     と  法  す  り  で  圖  が  な  傳  衞  の             
   起  か  員  い   ゜ 谷     は  に   ゜ ま   ` の  入  る  は  隊  は             
   つ  自  た  た  決  會     で  於  こ  す  特  み  つ  邪  ら  内   `            
   た  衞  ち  し  し  舘     き  て  の   ゜ に  報  て  魔  ぬ  部  決             
   兆  隊  が  ま  て  ロ     ま  行  檄     私  道   ` が  の  で  し             
   で  の   ` す  自  ビ     せ  は  は     的  關  小  入  を  起  て             
             ゜                                                      

 
   た  こ  お  し     だ  純  は  か     き  御  上     ま  事  が  思  同     あ    
   だ  の  そ  て  萬  き  粹  い  な  事  た  發  げ  同  せ  件  つ  ひ  時  そ  り    
   く  手  ら   ` 々  た  に  か  る  件  く  表  る  對  ん  に  か  ま  に  の  ま    
   こ  紙  く  小  一  く  憂  に  蹉  の  存  下  も  の  か  す  め  す  駐  と  す    
   と   ` 十  生   ` 思  國  狂  跌  經  じ  さ  の  檄  ら  ぎ  る   ゜ 屯  き   ゜   
   を  檄  一  が  思  ひ  の  氣  が  過  ま  い  で  及   ` ま  か  市  地   `      
    `  ` 時  市  ひ  ま  情  の  起  は  す   ゜ す  び  そ  せ  も  ヶ  内  腕       
   蟲  冩  四  ヶ  も  す  に  沙  る  豫   ゜ 檄  か  同  の  ん  し  谷  へ  章       
   の  眞  十  谷  か   ゜ 出  汰  か  定     は  ら  志  點   ゜ れ  會  お  を       
   好  を  分  會  け     で  に  し  で     何   ` の  御  あ  ま  舘  入  つ       
   い  御  ま  舘  ぬ     た  見  れ  は     卒  何  冩  承  く  せ  屋  り  け       
   お  返  で  へ  事     る  え  ず  二      ` 卒  眞  知  ま  ん  上  に  ら       
   願  卻  で  歸  前     も  や   ` 時     ノ  う  は  置  で   ゜ か  な  れ       
   ひ  い  あ  つ  の     の  う  豫  間     |  ま   ` き  小  し  ら  れ   `      
   乍  た  り  て  蹉     で  と  斷  で     ・  く  警  下  生  か  望  ば  偶       
   ら  だ  ま  く  跌     あ  も  を  あ     カ  隱  察  さ  ら  し  見   ` 然       
   お  き  せ  る  に     る   ` 許  り     ッ  匿  の  い  の  事  さ  全  居       
   願   ` う  と  よ     こ  小  し  ま     ト  さ  沒   ゜ 個  件  れ  貌  合       
   ひ  一   ゜ す  り     と  生  ま  す     で  れ  收     人  は  た  を  せ       
   申  切  も  れ   `    を  ら  せ   ゜    御  た  を     プ  ど  ら  察  た       
   上  を  し  ば  一     御  と  ん  し     發  上  お     レ  の   ` 知  や       
   げ  お  そ   ` 切     理  し   ゜ か     表   ` そ     イ  み  何  さ  う       
   ま  忘  の  そ  を     解  て  傍  し     い  自  れ     に  ち  か  れ  に       
   す  れ  節  れ  中     い  は  目   `    た  由  て     す   ` 變  る  し       
    ゜ い  は  は  止     た   ` に  い     だ  に  差     ぎ  小  化  と  て       
          `                                                  `      

 
                                          ン     す  ふ  あ     絡       
               の  な  二     徳              コ  御   ゜ は  り  た  下  な    
               み  ほ  伸     岡        十     ッ  迷     ひ  ま  だ  さ  ほ    
               で  同        孝        一     ク  惑     た  す  ひ  ら  事    
               あ  文        夫        月     以  を     す   ゜ た  ぬ  件    
               り  の        樣        二     來  お     ら  御  す  や  一    
               ま  手                 十     の  か     小  厚  ら  う  切    
               す  紙                 五     格  け     生  誼  一   ` の    
                ゜ を                 日     別  し     ら  に  方  お  終    
                  差                       の  た     の  お  的  願  了    
                  上                       御  こ     眞  す  な  ひ  ま    
                  げ                       友  と     意  が  ほ  い  で    
                  た                       誼  を     が  り  願  た   `   
                  の                       に  深     正  す  ひ  し  小    
                  は                       感  く     し  る  の  ま  生    
                  他                       謝  お     く  ば  み  す  へ    
                  に                       を  詫     傳  か  で   ゜ の    
                  N                       捧  び     は  り   `    家    
                  H                       げ  す     る  で  恐     庭    
                  K                       ま  る     こ  あ  縮     へ    
                  伊              三        す  と     と  り  の     は    
                  逹              島         ゜ 共     で  ま  い     直    
                  宗              由           に     あ  す  た     接    
                  克              紀     匆      `    り   ゜ り     御    
                  氏              夫     々     バ     ま  願  で     聯    
                                                                    
メニュー
憂國資料室